阪急の崇禅寺駅

阪急京都線の中でも1・2位を争う知名度のない駅

阪急淡路駅は2017年現在高架工事中で町の様子がびっくりするほど変化しています。20年ほど前に茨木市も高槻市も高架駅舎になりましたが、淡路駅は京都線と千里線が交わるので茨木市や高槻市よりも複雑です。近鉄の布施駅よりもも京急蒲田駅に近いです。

そんな淡路駅から直線で1kmの所に阪急崇禅寺駅があります。

大宮橋踏切から崇禅寺駅を見る

崇禅寺駅も高架化工事のために昔の風景が一変。いやこれからもっと変わるのでまだ面影が残っている方。
阪急崇禅寺駅

改札口
崇禅寺駅改札口

駅全体を見ると高架の準備もちゃくちゃくと
阪急崇禅寺駅

駅の反対側
阪急崇禅寺駅

崇禅寺駅前にある看板。千里線の柴島駅は線路ではつながっていないが、阪急の駅間では一番近い。(同一の線では上牧-水無瀬駅です)この看板の左右どちらに行っても阪急柴島駅っていう雑な表記はとても面白い。
崇禅寺駅前にある看板

淀川キリスト病院にあった看板。これを見ると駅間の距離の近さがわかる。
淀川キリスト病院の看板

崇禅寺の淡路側にある大宮橋踏切近くに第二次世界大戦の弾痕と説明の看板が
被弾跡

スポンサーリンク


何もないような場所と思われがちですが、実はよ~くよ~く探したら面白いものがたくさんある崇禅寺。まだまとめあげていないですが、カタカナ表記の「ハラカイ踏切」
ハラカイ踏切

宮原街道の間の文字だけになって「ハラカイ」とよぶようになった説が有力のようですが、どうも違うようです。そのヒントになるのはこの道をまっすぐ千里線に行った濾過池踏切横の橋です。

また阪急は淡路駅と崇禅寺駅の間から新大阪に線路を造ろうと計画していたことがありました。今でもわずかながら予定地を歩くとその面影があります。下は住宅地の中にある阪急の所有であるとわかる境界石があったりします。

またこの話は今度機会がありましたら

駅名:崇禅寺駅
路線:京都本線
訪問日:2017年1月10日
所属:阪急電鉄
住所:〒533-0024 大阪府大阪市東淀川区柴島1丁目7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です