今でも「鬼のパンツ」が聞こえる緑地公園駅

昔から緑地公園駅の列車到着の合図は「鬼のパンツ」でしたが、これ正式にはフニクリ・フニクラ Funiculì funiculàという1880年に作曲、発表されたイタリアの大衆歌謡だったんですね。

新御堂筋と並走する西中島南方から千里中央の間で、この駅だけは地下に潜るので道路から見えなくて、私は小さい頃ここに駅があるとは知りませんでした。

スポンサーリンク



道路からわずかに看板が見えるので確認できます。

また構造上向こうのホームに行くには地下に潜らねばならなく、高齢者の方にはやや不便である。

駅名:緑地公園駅
路線:御堂筋線
訪問日:2018年3月
所属:北大阪急行
住所:〒561-0872 大阪府豊中市東寺内町12 大阪府豊中市東寺内町18−1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です