大阪の秘境駅は山の中でなく都会の中にありました。

木津川というと、淀川の上流、京都府の木津川町を想像される人がほとんどだと思います。木津川市にある駅は木津駅なんです。ではどこにあるのかというと、大阪市内、それも都会の真ん中の西成区に木津川駅があるのです。

木津川と言えば大阪湾にそそぐ川として尻無川、安治川とともに有名です。

スポンサーリンク

阪神高速堺線から駅への接道があります。

看板などはありません(汗)

昭和の感じが色濃く残る文化住宅群を抜けて

ここでやっと線路が見えますが、木津川駅の看板はありません。

踏切に近づきます。

スポンサーリンク

昔は貨物の駅と兼用でその名残もまだあります。大正区には1960年代まで貯木場が多数あったそうで、当駅は大正区に材木を運ぶ集積地としてもにぎわっていたそうです。

駅の正面に周りました。駅前は舗装されていません。

駅の周りにはかつては倉庫や工場だけでしたが、2018年には戸建ても増えています。(画像は2018年の台風21号の爪痕)

倉庫には懐かしい倉庫がわりのワラが

白木神社のわかりも戸建てが建ってます。ここら辺の景観もかわりました。

駅に戻ってきました。券売機です。

ホームには踏切を越えていきます。

ホームです。

汐見橋行きの電車がやってきました。

先ほどの反対側の国道43号線側からのホーム

駅名:木津川駅
路線:汐見橋線
訪問日:2017年1月10日
所属:南海電鉄
住所:〒557-0061 大阪府大阪市西成区北津守1丁目8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です