103系を見るなら天王寺駅(JR線)

低運転台の103系がまだ見れる大阪第2の駅

スカイブルーの103系
スカイブルーの103系

先日学生さんに携帯電話がない世の中って想像できるかどうか聞いたら、「先生、私たち生まれた時から携帯がありました。」と言われて返事に困りました。生まれた時にすでにそのものがあるのとないのでは物の考え方が違うのでしょうか。

もしかしたら生まれた時にすでにあるものって永遠にあると勘違いするのかもしれない。私が生まれた時から現在も存在するものって探す方が困難かもしれません。実はそれが103系だったり。

スポンサーリンク

今103系は大阪地区では阪和線と大阪環状線、大和路線で走っていて、すべての路線の103系を見ることができるのが天王寺駅。

今日は103系と新型の225系5100番台を見に天王寺駅へ

まずは大和路線。103系の低屋根が来ました。

大和路線103系
大和路線103系

環状線のオレンジバーミリオンは大阪駅でも見れるので阪和線ホームへ。阪和線ホームに停まっていたのは205系ジャカルタでも走っているこの車両より環状線の103系や205系のが古いのはどう解釈したらいいのだろう。
阪和線の205系
阪和線の205系

次の普通待ちの間阪和線のホームを眺める。このサイトに駅のことを書くようになって駅全体を見るようになりました。天王寺駅の阪和線ホームって鉄骨むき出しだけどどこか優しい雰囲気ですね。
天王寺駅阪和線ホーム
天王寺駅阪和線ホーム

天王寺MIOからの直通改札
天王寺MIOからの改札
天王寺MIOからの改札

323系デビューのポスター。2018年までに新型車両を大量投入し、103系を始めとする旧型電車を一気に置き換えるそうで、103系が普通に見られるのはあと数年であることは間違いありません。
323系ポスター
323系ポスター

ホームの端にはうどん屋さんがありますが、天王寺発着の特急は今は有りませんが昔はブルドックと呼ばれたキハ81がここから出発した時代を想像するとたまりませんね。
阪和線のうどん屋さん
阪和線のうどん屋さん

阪和線ホームをうろうろしていると次の普通が到着しました。遠くからスカイブルーの車体が見えました。間違いありません103系です。しかし、高運転台の車両でした。関西では103系は高運転台に下にステンレスの銀が付いた車両は宝塚線のカナリアイエローだけなので、東海道本線住民の私も高運転台のスカイブルー103系を見てもあまり感動はしません。むしろ関東の京浜東北線周辺の方の方が懐かしがるかも。
103系スカイブルー
103系スカイブルー

阪和線の折り返しは10分もないので反対側に急ぎます。
しかし、反対側も高運転台でした。orz
103系スカイブルー
103系スカイブルー

もう1本普通を待ってみることにします。
また高運転台でしたが、反対側は見たかった低運転台でした。
阪和線の低屋根
阪和線の低屋根

しかもこの103系天井にグローブベンチが
103系
103系

中をのぞくとクーラーとそれを拡散する扇風機が
sen
103系スカイブルー
103系スカイブルー

新型225系5100番台です。車両置き換えの波はもうそこまで来ています。
225系5100番台
225系5100番台

阪和線の地上ホームは新大阪方面から来た特急や関空・紀州路快速が通ります。サンダーバードなどで使用されていた683系が289系「くろしお」として走っています。天王寺の駅に683系が入っているのはなんとも違和感が。
289系くろしお
289系くろしお

駅名:天王寺駅
路線:大阪環状線 阪和線
訪問日:2016年7月6日 2016年10月8日
所属:JR西日本
住所:〒543-0054 大阪府大阪市天王寺区南河堀町付近

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です